ワキの黄ばみの原因とは

薄着になるシーズンを迎え、身も心も軽くなるのは良いのですが、その分汗をかきやすいシチュエーションも増えて来ます。

 

人前では、汗による不快な症状を抑える為の、エチケット対策が重要になって来ます。

 

勿論、汗をかかない様にすることが、一番有効なのですが、現実にはなかなかそうも行きません。

 

汗による症状として、具体的には腋臭や衣類の汗染み・ニオイ・黄ばみなどが有りますが、特にワキの下は、体の中でも汗をかきやすい場所ですので、それらの症状が一段と強くなります。

 

通常の汗やニオイでしたら、入浴や洗濯をすることで、比較的簡単に取り除くことが出来ますが、ワキの黄ばみだけは思う様に改善できず、苦労をすることが多いことと思います。

 

特に白い衣類では、黄ばみが目立ちやすくなりますので、一層気になるものでしょう。

 

では、なぜ黄ばみが出来てしまうのかというと、いくつかの説が有るのですが、デオドラント剤と汗や皮脂などとの化学反応によるものや、衣類に付いた皮脂が、酸素や紫外線によって酸化をする、また、洗剤の残留による化学反応などが主な原因と言われます。

 

 

更に、衣類の保存中に黄ばんでしまうことも良く起こりますが、この場合は洗濯時に汚れを落とし切れていなかったり、湿度や温度などの条件によっても、黄ばんでしまうことがあります。

 

こうして黄ばんでしまった部分は、繊維も変質して痛みやすくなりますので、大切な衣類を長持ちさせる為にも、日頃の小まめな手入れが必要になって来ます。

 

いずれにしても、洗濯時には皮脂分がキレイに落ちるまで良く洗い、洗剤成分も残らない様に、すすぎもしっかりと行うことが肝心です。

 

また、汗で汚れてしまった衣類は、あまり溜めておかずに、なるべく早く洗濯をすることで、黄ばみを減らすことが出来ます。

 

ワキの黄ばみの原因と対処法

 

衣類のワキの黄ばみの原因ができるのは幾つかの要素が考えられます。

 

まず考えられるのはワキガ体質の方です。汗腺でアポクリン汗腺が多い体質の人をわきが体質といいます。

 

アポクリン腺から出る汗の中に色素が含まれていて、その色素によって洋服にワキの黄ばみが出てしまうといいます。アポクリン腺が多い人ほど黄ばみが出てしまいます。

 

ワキから出る汗の汗腺によるシミはエクリン汗腺から出るシミもありますが、このシミは黄ばみにはならず汗ジミです。

 

ワキガの色素に関する黄ばみ対策は、アポクリン腺の量は個人差がありますが、黄色くシミになってしまった場合は40度前後のお湯で洗ってみることです。

 

それでも落ちない場合は、漂白剤などで洗うと消えることもあります。完全に黄ばみを消すのが難しい場合は、衣類の専門業者に依頼してみるのも一つの方法です。

 

ワキガ以外の黄ばみ対策についてです。

 

洗濯の洗剤を変更してみるのも一つの方法です。洗剤でシミがとれるかどうかを確認することです。

 

ワキガ特有の臭いがないのに、シミが付く場合は通常の汗によるシミの可能性が高いです。その場合は40度前後のお湯で洗ってみて、それでも落ちない場合は漂白剤を使ってみることです。

 

皮膚の炎症などによって菌の繁殖が多くなるとシミが濃くなることもあります。

 

そんな場合は皮膚科へいくことにしましょう。衣類を着用していることで、衣類に汗や脂質、その他の分泌物が衣類に吸着して雑菌が繁殖する原因になりますので、衣類の選び方も重要になります。

 

ワキに汗取りパットを使う方法や、衣類にスプレーするだけで消臭できるものもあります。

 

衣類用の抗菌消臭剤や、衣類自体が消臭効果があるシャツなども販売されています。

 

関連情報:わきがの治療法

更新履歴